さよなら、再見、またいつか。

これが、これが僕の生きる場所だよ!